全国の英会話教室情報と初心者向けの英会話に役立つ知識を配信

英語学習初心者必見!多くの方が見落としている英会話習得の近道を教えます!

英語学習初心者必見!多くの方が見落としている英会話習得の近道を教えます!

Hello everyone. 管理人のMr.Tです。

人間なら誰しもが楽して英語を覚えたい!そう思ったことはありませんか?
私も未だに出来る事なら楽してもっと英語を上達させたいと思っています。

しかしそんなに簡単に話せるようになるほど英語は簡単ではありません。

ですがこれから英語を始めたい!と考えている方にとっては、「絶対に何か近道があるはずだ!」と色々な勉強法を調べるかと思います。

ですのでおよそ1年程でネイティブの人たちと英会話が出来るようになった私が、出来るだけ最短で英会話を楽しめるようになる方法を綴ってみようと思います。

まず初めに何故あなたは英語を理解できないのか?

あなたは今のあなたが何故英語を話せない・聞けないのかという理由を考えた事はありますか?

もちろんその答えの大半が、「今まで英語を勉強してこなかったから」になるかと思いますし、それは間違いなくそうだと思います。

ですが私たちは中学校・高校で英語を学びました。
そして日常英会話をする上で必要な英語知識というのは、専門的な会話を除き中学英語だけで十分成立します。
もちろん他にもスラング等の表現は知る必要がありますが、アメリカであれば話されている文法はシンプルでそこまで難しいものではありません。

ですから中学校で習う英語をマスターするだけで、間違いなく日常会話を成立させることが出来ます。

ですがこれはあくまで知識や文法上の話・・・・・。

英語のテストで良い点を取っても英語を話せない・聞けないのは何故か?

大半の日本人の方は、この答えに対して「英語の授業でリスニングやスピーキングをあまりしなかったから」と答えるのではないでしょうか?

少なくとも私が中学生の頃は、リスニングやスピーキングよりも、英語を書く事や文法を学ぶことの方が多かったと記憶しています。
つまり実践的な英会話の習得よりも、試験で良い点数を取るための教育であったという事です。
なのでもしあの時リスニングやスピーキングをもっとしていたら、もっと英語を話せたのではないか?と考えた事がありました。

ですが、今ハッキリと言えるのは、それは間違いだという事です。
つまりあの時リスニングやスピーキングを沢山練習していた所で、結局ネイティブと英会話がまともに出来なかっただろうという事です。

何故だか分かりますか??^^

理由:教えてくれていた先生は日本人だったから

このように言うと語弊がありますが(笑)当時はALTの講師を除いて、英語の先生は日本人だったのではないかと思います。

実際に私たちは文法や英単語や英語を書く授業を受けていました。そしてたまに登壇して自己紹介を英語でスピーキングした事もありましたね。覚えていますか?少なくとも私はクラスの皆の前で自己紹介をさせられたのを覚えています。(笑)

ですが多くの場合、自己紹介をし終わった後は皆から拍手を受け、先生からも「Good!!」と言われたのではないでしょうか?

ちなみにこの「Good!!」というのは何に対してGoodだったのでしょう?私はスピーキングの質に対してGoodと言ったわけではなく、最後まで自己紹介を行えたことにGoodと言われていただけなのではないかと思います。

考えてみれば先生はGoodと言わざるを得ないでしょう。自分が生徒に与えた指令を生徒はこなしたわけですから。

そしてあなたがその時話した英語のスピーキングは、ネイティブ発音だったでしょうか?・・・。
恐らくですが、その場にALTの講師がいた場合、きっと「皆カタコトだな」と思っていたはずです(笑)しかし立場上その発音ちょっと違うよ!とかイントネーションが違う!とは言えなかったでしょう(笑)

これはまさに私たちがアメリカ人が話す日本語を聞いて、少しイントネーションが違うとか発音が違うと思うのと一緒です。

つまり私が何を言いたいかというと、仮に私たちが中学校でスピーキングやリスニングの勉強を重ねていたとしても、その練習がネイティブと同じ質の英語で練習しない限り、発音やイントネーションや話し方のなめらかさは違っていた可能性があるということです。

なので日本人同士では英語の会話は成立するが、ネイティブの英語を聞いた瞬間、何を言っているのか分からないという状況に陥ったのではないかと私は考えています。

その証拠に、きっとあなたは今、日本人が話すそこまで流暢ではない英語(よくいわれる日本人英語)であれば聞き取れる単語はあるが、ネイティブの英語は単語すら何を言っているのか聞き取れないのではないかと思います。

私が何と言っているか当ててみよう!

さてここで私が発音した音声を聞いてみて、何と言っているかあててみて下さい!
非常に短くて尚且つシンプルな文章を読んでいますが、結構難しいのではないかと思います。

ちなみに一つも難しい単語は発音していませんし、あなたが必ず中学校で習った事のある単語だけで構成された文章です。

どうでしょうか?2回同じ文章を読んでいます。

きっと英文を見れば簡単に文章の意味が理解出来るかと思いますが、リスニングとなるとなかなか難しいことがお分かり頂けたのではないでしょうか?

ちなみに答えは以下↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

“I met him at the park”

答えはこれでした。聞き取る事が出来ましたでしょうか?

metはmeetの過去形なので、意味は「私は公園で彼に会った」です。

少しだけ発音の練習してみよう!

英語の習得には必ず聞いた音を真似して発音するという作業が重要です。
なので時間のある方は下記もお読み頂き実践してみて下さい!

リンキングについて

まず英語にはリンキングと呼ばれる、単語と単語がくっついて発音されるというものがあります。
これは文章をより滑らかに綺麗に発音しようという英語独自の概念から生まれているものになります。

発音の仕方

「I」はそのまま「アイ」と発音すればOKです。

次に「met him」ですが、「met」の最後の「t」と「him」の「hi」をくっ付けて、「thi(ティとディの間くらいの音)」で発音します。

次に「him」の「m」と「at」の「a」をくっ付けて「ma(マ)」と発音しましょう。そして「at」の「t」は今回発音する必要がありません。

次に「the」です。日本人は「ザ」と発音しますが、「ザ」ではなくどちらかというと「ダ」に近いです。
厳密に言うと「ザ」と「ダ」の間くらいの音です。

そして後は「park」を発音するのみですね。「park」は「パーク」ですが、Rの音が入っているので伸ばし棒(ー)の時に、舌を口の奥に引っ込めて「ア」を喉から出す感じの音になります。犬が「グルルゥ」と怒っている時のような音です(笑)
「パーク」というよりは「パゥク」みたいな感じです。

全てを繋げると「アイメティマダパゥク(もしくは アイメディマダパゥク)」になります。もはや呪文か何かですね。

この「アイメディマダパゥク」を何度か続けて発音して、噛まずに言えるようになったらOKです!

もう一度音声を聞いてみよう!

どうでしたか!!??

もうアイメディマダパゥクにしか聞こえないようになっていませんか?(笑)

Google翻訳が携帯にインストールされている方へ

Google翻訳アプリをお使いの方は、実際に今練習した発音を携帯に向かって発音してみて下さい。

きっと「I met him at the(a) park」と認識してくれるはず・・・(笑)

認識されるとなんか嬉しいですよね!

ネイティブの発音を正しく知って真似する事が英会話の近道!

恐らく日本人の方が「I met him at the park」という文章だけを見て発音しようとすると、「アイメットヒムアットザパーク」のように発音するのではないのでしょうか?

アイメットヒムアットザパーク
アイメディマダパゥク

カタカナで見比べると結構違いますよね。

つまり私が言いたいのは、日本人の発音だけを知っていても、一向にリスニング・スピーキングは上達しないという事なんです。

しかもネイティブの発音だけを知っていても、自分が発音できないと連動して覚えられません。
私たちは自分が発音できる英語しか聞く事が出来ないからです。

きっとあなたは「Good morning」という英語を見た時にネイティブがどのような発音をするかなんとなく分かるでしょう。
それは「グッドモーニング」ではなく、「グッモーニン」です。
そしてあなたはネイティブからとっさに「Good morning!」と言われても、相手が「Good morning」と言ったことを認識できるでしょう。
それはあなたがGood morningの発音を知っていて、あなたも同じように発音できるからです。

インプットをしたら必ずアウトプットを心がけよう

巷にスピードラーニング的な、英語を聞き流すだけで英語が覚えられるなんて商品がありますが、あんなものは全て嘘です。
そもそも何て言っているのか分からないものを何百回聞こうが、あなたの英語は上達しません。
確かにYoutubeや映画や音楽などで英語を聞くのは良い事ですが、その際は必ずあなたもその音を真似て発音の練習を心掛けるようにして下さい。

そして練習をしたら、Google翻訳アプリに向かって自分の英語が正しく認識されるかチェックしましょう。
Google先生は時にものすごく厳しいですが(笑)、認識された場合はその発音で相手に伝える事が出来るということです。

これらをやる人とやらない人では必ず差は生まれます。
そして私はこの練習が英会話を習得する近道になると断言します!

You guys see you next time! Have a good day!